TOBYNO(トビーノ)は、スポーツ大好きキク坊のサイトです

▲TOPページへ










■第1回
 安全に運動を行うために

■第2回
 運動実施の諸注意


■第3回
 身体活動・運動・体力について


■第4回
 健康づくりのための運動基準 2006
 〜その1


■第5回
 健康づくりのための運動基準 2006
 〜その2


■第6回
 健康づくりのための運動基準 2006
 〜その3 【高血圧症】


■第7回
 服薬者の運動と急性疾患の注意点
 〜その2 【糖尿病】


■第8回
 服薬者の運動と急性疾患の注意点
 〜その3 【虚血性心疾患】


■第9回
 服薬者の運動と急性疾患の注意点
 〜その4 【脂質異常症・急性疾患】




1.【健康診断の勧め】

 日常の生活を普通に送られている方が、速歩(100m/分)程度の運動を始められても、身体に大きな変調を起こす心配は殆ど無いでしょう。
しかし、強い運動負荷を掛けて運動を行う場合には、、これまでの日常生活では起こらなかった虚血性心疾患の症状が現われるなどの可能性があります。
運動を始めることをよい機会と捉え、ご自身の健康状態を確認するために健康診断を受けることをお勧めいたします。
 特に、これまでほとんど運動を行っていなかった方や、循環器性疾患の可能性のある方は、医師による運動負荷心電図検査を受診しましょう。
 どうぞ、健康診断は安全に運動を行うための準備とお考えください。

2.【禁忌事項(運動の絶対禁止)】

 (1)不安定な狭心症
 (2)コントロールされていない不整脈および症候性心不全
 (3)急性心筋炎および心膜炎
 (4)症候性重症大動脈狭窄
 (5)急性肺塞栓および肺梗塞
 (6)非心臓性疾病(感染症、腎不全、甲状腺中毒症など)
 (7)下肢の血栓症
(1)〜(7)の症状がある方は運動絶対禁止の対象です、運動は避けてください。

3.【ヘルスチェック】

 “ これから身体を動かしてみよう ”という方の現在までの運動習慣は人によって様々だと思います。
 運動を開始するにあたり、以下のヘルスルチェックや対象別の点に注意されることをお勧めいたします。

(1)これまでほとんど運動したことが無い方
(2)学生時代に運動していたが、
  今は殆ど運動していない方
(3)たまに気が向いた時に身体を動かしている方
(4)ある程度定期的に運動をしている方
(5)ほとんど毎日運動している方
始めに、全ての人に共通の内容です。

≪1≫ スポーツドクターの検診を受け、運動処方の発行を受けましょう。

≪確認内容≫

 (1)個人歴: 性、年齢、既往歴、体質、性格、栄養状態、疲労状態、体力、運動経験など。
 (2)家族歴: 両親・祖父母・兄弟の特異体質、疾病状況、心血管系疾患、代謝性疾患、内分泌系疾患、アレルギー性疾患、先天性疾患など。
 (3)日常生活: 職業、身体活動状況、運動状況など
 (4)運動負荷テスト(対象は一般健康成人です)

(注)全員が対象ではありませんが、受診によって現状を把握することができます。
   安心であるとともに、今後の運動方針の決定に役立ちます。

≪2≫ 対象別の運動の開始方法

 (1)これまでほとんど運動したこと無い方
 (2)学生時代に運動していたが、今は殆ど運動していない方
 (3)たまに気分が向いた時に近所を歩いている方
(1)〜(3)の方の場合は、慎重に運動を始めることをお勧めいたします。

また、学校のクラブ活動などで活動された方の場合には、より慎重に始めましょう。
その理由として、クラブ活動などで活躍された方の場合、かつての運動経験から“ 自分は、このくらい動くことができる ”との思いが無意識のうちにあることが多いからです。
 神経系の機能の衰えは比較的ゆっくりですが、運動機能の衰えは早く、筋肉は使わないことで急速にトレーニング効果を失っています。
例えば、運動会などで勢いよく走り始めた人が、途中で足をもつれさせて転倒してしまうなどという場面に出会ったことがおありでしょうか。
この場合などは、運動神経系と身体(筋肉)系のアンバランスが顕著に現れていると云えるでしょう。
 どうぞ、無理をせずに、ゆっくり、のんびり始め、怪我や故障を予防しましょう。ご自愛ください。

 (4)ある程度定期的に運動をしている方
 (5)ほとんど毎日なんらかの運動をしている方
(4)〜(5)の方の場合は、運動の基本原則を守り、このまま運動を継続しましょう。


資料 : ( 財 )健康・体力づくり事業財団 健康運動指導士養成テキスト


→第2回は、「運動実施の諸注意」です。



Copyright (c) 2006 TOBYNO All Rights Reserved.   



※記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます